ブログパーツUL5




はなこ

日本人大学生。米国ミシガン州にて社会学と心理学を専攻中。クリスチャン。目下料理にハマり中。趣味は音楽を聴くこと奏でること人と話すこと学ぶこと。音楽嗜好はジャンル問わず完全雑食。
...スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.10.03 Wednesday... - / -
...作り上げる教会
今日はとある教会に行って参りました。
二週間前に初めていったところだったんですが、素晴らしい教会です。
礼拝後のバイブルスタディーまで参加してきちゃいました。



説教は、「乾いた夫婦関係のための処方箋パート1」。
2回に渡ってお話をされるようで、今日はその一回目でした。

処方箋1. 最高の関係を思い描き信じる
処方箋2.お互いに問題を解決することに心を定める
処方箋3.優先順位をリセットする。

わたしは未婚なので、厳密にはプラクティカルとは言えません。けれど他人と関係を築いていく上で非常に大切なことをたくさん学びました。



処方箋1について。
関係を築いていく上で、その在り方を「理想」としてしまえばそれは現実しないかもしれない。しかし理想の関係の在り方に強い「信仰」をおけば、願いが叶えられる確率はグッとあがる。なぜなら全知全能の神が私たちをみていてくださるから。

処方箋2について。
相互から同時にアプローチしていかなくては物事は進まない。一方が意固地になってその場に留まり続けると、他方も癪になって近づこうとはしない。これが悪循環のはじまり。

処方箋3について。
お互いが気づかないうちに優先順位が分からなくなっている場合、問題が起こり易い。一方がAという対象にプライオリティをおいて話をしているとき、他方はBという対象に重きを置いている。話が合う訳が無い。第三者が中に入って仲介することで冷静に状況把握を計るべし。



人間関係に紛争はつきもの。
それをどう上手くハンドルしていくか。
聖書にはそのヒントがいっぱい書いてありました。
2010.08.09 Monday... comments(0) / trackbacks(0)
...はるかな沈黙の鳩

あなたはわたしの嘆きを数えられたはずです。
あなたの記録にそれが載っているではありませんか。
あなたの革袋にわたしの涙を蓄えてください。

詩編56:9
2010.05.05 Wednesday... comments(0) / trackbacks(0)
...獅子とこひつじ
今日は日本語礼拝でした。
ヨハネの黙示録5章を読んだ後、「価値」をテーマにお話がありました。
とても興味深かったので簡単に紹介させていただきます。

牧師ケヴィンの大事なもの:
ひとつめは、つい最近参加したマラソンで完走してようやく得たメダル。
彼が費やした努力やたくさんの痛み、忍耐を象徴しています。
ふたつめは、彼のクラリネット。
大学時代音楽を専攻していた当時を思い出させてくれる思い出の品。
みっつめは、小さな頃からずっと人生を共にしてきたテディベア。
彼にとって、家族や幼少期を思い出させてくれる大切な品です。

説教の要約としては:
人にはそれぞれに大切なものがあります。
思い出の品であったり、高価なものであったり先祖代々の品であったり
過去/現在の、そしてこれから起こるであろう人間関係であったり。
あなたはそれら全てのものにまさってイエスさまを、
神様との関係を価値あるものとして認めることができますか?

というお話でした。
多くの方にとっては
"のん・くりすちゃんだからわからんちん。"
という感じでしょうか。あるいは
"目に見えない神様なんぞより目前の友達/家族のが大切に決まってるわ"
というご意見もおありかと思います。

ここで問題になってるのはイエスさまの払った代償です。
天より下り、卑しい私たち人間の罪を御自らの死によって償い
それら全てを無いものとしてくださった、私たちを購ってくださった。
ケヴィンは、天国はイエスさまを賛美する場所だといいました。
日々の雑踏にまぎれることもなく、ただイエスさまのとてつもない
大きな愛、偉大な愛をただ讃えることがなされているというのです。

ここで"それはすばらしいことだ!"とあなたは簡単に言えますか?
クリスチャンとして生きようと決める前の私ならば、
たくさんの"?"が付いたでしょう。意味分からんし、ってね。

わたしにとって、ノンクリスチャンとして生きる、という選択はイコール
過去に私が犯してきた罪を無いものとし、赦してくださった
そしてあたかかく迎え入れてくださった方を無視するということ。
つまり、その選択によって全ての罪、汚い部分は全て私のうちに留まり
身も心も汚れたままで居続けるということ。
今後も救われないということ。のような気がする。んです。

でも何が凄いってすばらしいって
イエスさまを信じようと信じまいと
その邪悪さ/醜さにも関わらず世界中全ての人間は
イエスさまによって既に赦されているってこと。
それは事実です。真実です。でもそれに気づくかどうか。
それであなたの生かされ方は変わってきます。
常に感謝し、周囲の人々に尽くすこと。
それが私たちの為に死んでくださったイエスさまへ出来る
せめてものお返しではないでしょうか。

クリスチャンは失敗者の集まりです。
なぜならイエスさまは赦しを与えてくださる方だから。
『気づく』ことができるかできないか。
それだけがクリスチャン・ノンクリスチャンの境目ではないでしょうか。

2010.04.11 Sunday... comments(0) / trackbacks(0)